1-4
予想外の大敗でした。
選手達の方がもっと悔しい思いをしているのだろうけど、こっちも泣きたいくらい悔しいです。

トラオレが与えたPKがなかったら試合展開はこの前のCLのように緊迫したまま90分をドローのままで終わるか、終了間際にどちらかが均衡を破って1点・・・っていう結果になったんじゃないかなとも思う。
ああ・・でもあのPKで流れ変わったよね。リバポとしては何がなんでも点とらなければいけなくなったし。だからジェラードがゴールを決めてくれた時はホッとした。あのミラン戦のようにリバポが反撃ののろしをあげたと思った。

でも何でだろう。あのあと緩んじゃったよね。時間が経つにつれリバポがバタバタあえいでいるように見えた。対して隙のないチェルシー。
それでもジョーコールに3点目を入れられるまではきっと追いつくと希望を持っていたんだ。
リーセやクラウチのシュートが決まっていればと今更ながら思う。やっぱりFWが点とらないと勝てないよ。これでまたオーウェン待望論なんて出てきちゃうのかな・・・

勝ち点を順調に伸ばしたチェルシーはトップを独走。このままあっさり優勝ってことになっちゃうかもね(つまんね〜)
[PR]
by red_catstail | 2005-10-03 08:10 | プレミア
<< 品位 リバプールvチェルシー 2ndバトル >>