Stop The Chelsea
e0048038_16381010.jpg
いったいどこが難攻不落のチェルスキ城を落とすのか・・・試合結果を知る度に今回もダメだったか、とがっかりし、リバプールに関してはもう思い出したくもない負っぷり・・(泣)

やはりやってくれたのはかつての王者、マンチェスターユナイテッドでしたね。
今朝、結果をPCで見てリバポ以外では珍しく万歳してしまいました(笑)リバポの「目指せ!10位内」(←とりあえずはここから始めてみよう… ^^;)の現位置もなんだかなぁ・・なのですが最近のマンUも10位から数えた方が早くない?な微妙な位置取り。でも今回勝ったことで3位に浮上ですね。(リバポ、今回も勝ったにも関わらずまだ12位・・・ーー; )

朝の再放送に気がついたのがすでに8時30分近く。おかげで試合を見れたのはほんの20分そこそこだったのですがかなり緊迫した試合だったですね。すでに1点を先行しているマンUをチェルシーが追いかけるスリリングな展開。いつもであれば後半にフレッシュな選手を投入して疲れた相手に襲い掛かるのが常ですが、今回はマンUも集中を切らさず一歩も譲らず、といったところ。少しでも気を緩めればそこにつけこまれますからね。

共に先日のCLでは黒星、疲れもあるでしょう。そういった意味では条件的には同じです。ただ今回の試合がもし、スタンフォードブリッジで行われていたら結果はまた違ったものになっていたかもしれませんね。それほどまでにオールドトラッフォードのサポータ−は熱かった!プレミアの火はまだ消えない!
[PR]
by red_catstail | 2005-11-07 16:45 | プレミア
<< フレンドリーマッチ アストン・ヴィラ 0-2 リバ... >>