「ほっ」と。キャンペーン
ピッチの外の懲りない面々
ホントに何やってんだか・・・トルコ(泣)
確かにサッカーに関して異常な程熱くなる国民だとは思っていたけれど今回のスイス戦にかかわる話題ときたらあまり芳しくないものばかり。日本のメディアも試合の内容そのものよりピッチ外でのことばかり取り上げてましたよね。

空港で空港職員が「地獄へようこそ」のプラカードを掲げていたとか、スイスチームの荷物がでてくるまで2時間もかかったとか、移動のバスに生卵がぶつけられたとか・・・アジアカップでの中国の仕打ちに腹わた煮え繰りかえった私としてはちょっと微妙な気持ちになってしまいました(苦笑)

試合が終了するとともにピッチから走って逃げたスイスの選手の皆さん。無事にスイスまで帰れたかしら・・と密かに心配しておりましたところ・・・実はあのあとさらに大変なことがおきたそうです。

どうもピッチから引き上げる際にスイスの選手がトルコのコーチを蹴ったそうで(理由は不明)これにトルコの選手が反撃。しかも、ロッカールルームに続くトンネルの中でも乱闘は続き、スイスのグリヒティングがトルコの選手にお腹を蹴られ(ええっ!)尿管に穴が空き(まじっ?)イスタンブールの病院に運ばれたもよう・・・。

ピッチの中でも熱かったけど外でもかなり熱かった・・・やっぱりこれは制裁もんですかね(はぁ…)

【追記】
二階堂さんへのレスの中でも書いたのですが「0-0」さんによると「トルコのアシスタントコーチがベーラミ選手を引っ掛けて転ばした」のが事件の発端らしいです。


…………………………………………………………………………………………………………
 
e0048038_21583365.jpg所かわってイングランド。
こちらも「何やってんだか・・」な赤組キャプテン。
尻当てゲームだか何だかしらないけどお尻の画像が世界に向けて発信されてしまいましたよ〜(爆)

ゲームに参加させられたのは赤組FWのP・Cさん(イングランド代表)とD・Cさん(フランス代表)。キャプテンのお尻目掛けてシュートを連発するも良かったのか悪かったのか当たらなかったもよう・・・。
でもね、もし本気シュートがキャプテンのお尻に当たって怪我でもしたらどうでしょう。

プレーオフから戻ってきたアロンソ達。

「え〜〜!怪我したの?何でっ?!」
「・・・尻を出していてそこにボールが当たったからです…」
「?」

・・・それっておバカすぎる(--;)
[PR]
by red_catstail | 2005-11-18 22:07 | others.....
<< リバプール 3-0 ポーツマス ドイツ大会32ヶ国決まる >>