◇ 何だか妙に気にいった
このむしゃくしゃした気持ちを何かにぶつけたくて、王子のインタがオフィシャルに載ってでもいたらもう長篇でも喜んで和訳したい気分なんですが、こんな時に限ってにゃい。
ではでは最近お気に入りのアッギ−(ちなみにこのブログでは勝手にこう呼ばせて頂いておりますので「読み方違〜う!」という突っ込みはナシで ・笑)の記事でも・・・と細々と読んでみました。
 
彼のどこが気にいった?・・・どこなんだろ(爆)まずはやっぱりあの風貌かなぁ?
若いのにキャピキャピしてない(ま、あまりキャピキャピしたフットボーラーはいないとは思いますが ^^;)、妙に枯れている落ち着いている雰囲気が「ピッチの上で何かしてくれそう・・」とワクワクさせてくれるのかもしれませんね。それにちょっと王子にも通じる謙虚さ、のようなものが私的にはポイントが高いようです(笑)やっぱり人間、傲慢はいかんよ。

リザーブでの途中出場のあと本格的デビューを飾るも、その記念すべきバーミンガム戦は何故か放映なし・・・(涙)よってその雄姿を今だ拝んではいないのですが観戦した方の感想を見たかぎりではなかなか好印象だったようです。プレミアにフィットしていくのも早いんではないですかね。しばらくはサミとキャラのバックアッパーとして色々学んで欲しいですな。
e0048038_18565432.jpg




*……………………………………………………………………………………*


移籍料の高さには動じていない

ダニエル・アッガ−はアンフィールドへの話題の移籍にもかかわらず、リバプールどれほど彼を評価し、彼がしっかりチームへと根付くことが理解されるまでの難かしさを認めている。

彼は1月の移籍市場でブロンビーから580万£でレッズに加入し、ミッドウイークのバーミンガム戦で鮮烈なデビューを飾った。

彼の人気がここ何週間の間にかなり上昇し、もっとも高値がついたデンマーク人のフットボーラ−として国外へ移籍したことについても冷静な彼は我を忘れるようなことはなかった。

「6300万Danish Kroner(デンマークの銀貨)の価値がついたなんてクレイジーだ。」
「たいそうな数だし少し現実離れしている。でも今ではそれがフットボール界での習わしみたいだね。実にクレイジーだよ。」

「仕事するにおいて誰もそれだけの価値があるとは思わないし、僕は自分がデンマークのクラブから移籍するのに今まででもっとも高い価値がついたプレイヤーだとは思わない。ただそういうことになっているんだ」

「スターになる為に何か特別なことをしようとは思わないよ。僕はフットボールに集中するだけだもの。僕は僕でありたいし、誰の為にも何かの為にも変わるつもりはないね」

 

AGGER UNFAZED BY TRANSFER FEE / 06 February 2006 
[PR]
by red_catstail | 2006-02-07 18:57 | Liverpool
<< 必勝祈願! Chelsea 2-0 Liv... >>