【Ninety Six】
今日は4月15日。前ブログで色々なリストバンドを取り上げた時の記事ですが、こちらに転記しておきます。

「1989年4月15日、FAカップ準決勝でのリバプール対ノッティンガム・フォレストの試合。試合が始まる前からすでに満員の状態のスタジアムに、さらに遅れてきたリバプールサポーターが次々にスタンドに雪崩れ込み後ろからの重圧と金網との圧迫で多数の圧死者が出ました。
『ヒルズボロの悲劇』と呼ばれるこの惨劇は死者96人、負傷者200人以上、イングランドサッカー史上最大の事故となりました。
当時まだサッカーは見ていなかった私ですがこのニュースは日本のテレビでも取り上げられたような気がするんですが…。
Ninety Sixという文字はこの事故で亡くなった96人を表しているそうです。

CL決勝戦の時、ジェラードが付けていた赤いリストバンド。あれはなんぞや?とちょっと気になっておりましたが(※7月8日のブログへ戻ってジェラードの手首を見てみましょう)この2つのうちのどちらかなんでしょうね。」

この事故のあと、イングランドのスタジアムでは立ち見席の多くが椅子に改修されたようですね。2度とこのような悲しい事故が起きないように…。






[PR]
by red_catstail | 2006-04-15 20:09 | Liverpool
<< ブラックバーン 0-1 リバプ... 試合前の風景 >>