<   2006年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧
さよなら、スペイン・・
Spain 1 - 3 France

王子の画像を貼るのはあまりに辛いので・・・ユニのみで失礼します・・(涙)
e0048038_193722.jpg

試合前に勝手にたてていた予想は2-1でスペインかフランス(え?)
調子を上げてきたフランスとは接戦になるだろうなぁ…とこんなどっちつかずの予想になってしまいました。
若さのスペインか、老獪な(←ちょっと失礼)なフランスか!計算したわけじゃないけど平均年齢はフランスがかなり上だよねぇ・・・。
今まではあっつい中でのゲームが多かったけれど、この日の試合開始時の温度は20度だったそうで、特にベテランが多いフランスにとっては願ってもないことだったと思われます。

にわかながら今大会はスペインも応援させて頂いているわたくし(1番目はイングランド)ですが、試合前解説の「ジダンはここで負けたら最後の試合になってしまいますね」なコメントに「この試合が最後になるっちゅ〜のも寂しいなぁ…」と、いったいお前はどっちを応援しているんだっ!
ビジャのPKで先制して前半は1-0で終われるか・・と思いきや、さすがフランス。イヤな時間帯に追いついて来ますわ(苦笑)
HTにすでに終わったブラジルとガーナの結果を知るも、やっぱりブラジルが来たかぁ・・・。分かっちゃいたけどここで勝ち上がったら次はブラジルとなのねん(^^;)ああ・・イングランドとの対戦まで道のりは遠い・・。

ところがそのHT中に意識を失っていたらしく(爆)目が覚めたらラウールとビジャが引っ込んでルイガルとホアキンに交代してたー!ああ・・やっぱり睡眠不足は辛いっ!ヨレヨレしながら後半観戦。
前半終了間際に追いつかれて流れがフランスに来ていたから、ルイガルとホアキンでサイドからの突破を狙ったんでしょうかね。
一進一退のまま時間は過ぎて・・・。
残り15分でフランスがやっと1人交代したのに対し、この時点ですでに3枚の交代枠を使ってしまったスペイン。もしこのまま延長にでもなったらベテランの多いフランスが不利だもんなぁ。そのあたりも考えてなるべく交代枠を残しておいたのかもね。

そして運命の瞬間が・・・(涙)
ジダンのFKをゴール前で王子がクリアするもボールは左ポスト付近にいたビエラに・・・_| ̄|○_| ̄|○_| ̄|○
ボールの行く先を確認した後、がっくりうなだれる王子をリプレイで見るのは辛い・・(涙)
さらにロスタイム、スペインの追撃を嘲笑うかのようなジダンのダメ押し3点目。スペイン撃沈・・・・。

試合後、むにゃ毛を思いっきり全世界にさらけ出した王子がビエラとユニ交換してましたね。あ〜あ・・・W杯でのスチービーと王子のマッチアップは4年後までお預けですか・・・。
[PR]
by red_catstail | 2006-06-28 19:10 | 2006 W杯
青息吐息
England 1 - 0 Ecuador

さすがにしんどい!…私が(苦笑)

W杯も決勝トーナメントに入って見たい試合ばかりなんですが、さすがに1晩に2試合ライブで見てしまうと廃人になりそうなので(爆)1晩に1試合ってことで我慢しています。でも…昨日のようなグダグダな試合だと思わず睡魔に負けてしまいそうになるから困ったもんです(爆)

実は試合前にちょっと凹む記事を読みまして・・・
それは、Bッキャムさまが「自分がいいプレーができないのは右SBのキャラガ−からいい球が来ないから」なんちゅーーことを言ったとか!
ひでぇ…己の出来の悪さを他の選手(それもキャラ兄ィ名指しってのが許せん!)のせいにするんなんて、とちょっとBッキャムさまに軽いサツイをおぼえたわけです(爆)

イングランドのスタメンを見ればキャラ外れているし・・・_| ̄|○
そして右SBにはBッキャムさまの希望通り、ハーグリ−ブス(ホントはネビル兄がベストだそうだけど)
じゃあ、これで今夜の試合は楽勝だろうなっ!期待してるぜっ!

・・・なんてダメダメじゃ〜〜ん(泣)右SBを変えても何も代わらないじゃん…っつうか今までより悪いんじゃ…(爆)
ランラン、シュートを外しすぎっ!おチェルでの試合だと思って気合いいれてやるべし!…それはテリーにも言えるな(´-ω-`)

結局得点はBッキャムさまのFKでの1点のみ。決まった時はむちゃくちゃ喜んでいましたが、交代でベンチに戻ってきた時の表情は暗かったっすね。この調子じゃあ優勝は難しいんじゃない?(と思ったのは私だけ?)
チームの調子が上がる頃にはW杯は終わっているような気がする〜〜(遠い目)

ところでW杯が始まった当初、我が家のQちゃんが「優勝は案外(案外??)ドイツかもしれない」なんちゅーことを言っていたので、「いや、それはないだろう・・」と密かに思っていたのですが、一昨日の試合を見るかぎりでは「ほんとに(案外)ドイツが優勝しちゃったりしてなっ」などと思ってしまいましたわ。
思わず「この前日本と戦った時とほとんど同じメンバーだよね・・」って言葉が口から出ちゃったわ。いや〜〜。。同じチームとは思えない!
やっぱりテストマッチはテストマッチ、「ここぞという時のドイツは強い!これぞゲルマン魂!by Qちゃん(偽者)」だそうな。そ、そうなのか??
[PR]
by red_catstail | 2006-06-26 17:06 | 2006 W杯
パパ・クラニチャル
Croatia 2-2 Australia
e0048038_2147364.jpg

昨日の再放送もすっかり見のがしてガックリ…なんですがハイライトで見る限りではめちゃ面白そうなゲームじゃないですかっ!また再放送してくれないかなぁ・・・。
ハイライトしか見てないんでなんですが(汗) …かなり激しい試合だったみたい。勝たねばならぬクロアチアと引き分けでもよしなオーストラリア。とにかく両チームとも負けることだけは許されない試合なわけです。
最終戦で王者ブラジルに勝たなければ敗退、なんていう日本の条件に比べたらどちらにもリーグ突破に可能性があるだけに真正面からぶつかった試合だということは想像がつきます。

試合で一番印象的だったのは1点をおいかけるオーストラリアがゴール前にこぼれたボールをクロアチアのキーパーごとゴールに押し込もうとするシーン。この強引さ、とてもコアラの国のやることとは思えん!あとから見るとあまりの強引さに笑っちゃうようなシーンだけど、この執念は凄いですよ!1点をもぎとってやろう、という気持ちが伝わってくるよね。日本も・・・見習え・・・。今の日本に足りないものはこれなんじゃないかと思った。

e0048038_21471537.jpg
試合以外で(ピッチの外で)一番印象的だったのがクロアチアの監督、パパ ズラトコ・クラニチャル(爆)息子ニコの起用をめぐって国内では色々と物議をかもしだしたようですが、今回予選敗退したことでまた叩かれてしまうんじゃなかろうかい。

この監督のリアクションが面白い!(笑)クロアチアがゴールを決めた時はぴょんぴょん跳ねて回りにいたスタッフに飛びついちゃうし、反対にオーストラリアに決められて時はこんにゃろーーとばかりに地面蹴ってた(笑)選手のみならず監督の必死さ、みたいなものも伝わってくる試合だったようです。相手のヒディングさんがどっしり構えてるからなおさらだったのかも〜

試合後のインタでQちゃん(本物)が「オーストラリアが勝ち上がって来るとは誰も思っていなかったでしょう」と謙虚なことを言っていましたが、なんの、なんの監督がヒィディングさんだし要注意!って思っていた人は沢山いたと思うよ〜。
[PR]
by red_catstail | 2006-06-24 21:53 | 2006 W杯
前半33分の夢、ロスタイムの悪夢
Japan 1-4 Brazil

限り無くゼロに近い可能性だったけど、やっぱり気持ちのどこかで「もしかして…」と期待しちゃったのも事実。玉ちゃんがゴールを決めた時点でクロアチアも1点リード。
もしかしてもしかすると??と思わず夢見ちゃったわ。でもこのゴールが結果的にはブラジルを本気モードにさせちゃったね。それまでのブラジルはやっぱり力を出し切ってない感じがありありと分かったもの・・・。

そして、またかいっ?なロスタイムでの失点。得点したのがロナウ丼(Pepitaさん@命名)っていうのがむちゃくちゃ悔しい。(日本戦でこいつが活躍しそうな予感が正直あったもんで…)
この失点で日本の緊張がプッツリいっちゃったね。負けるにしてもぶざまな負け方はしてほしくなかったのに、必死にくらいついていく代表を見たかったのに・・・。

ジュニーニョのミドルはもうお見事!!こんな凄い選手がいつもは控えなんてほんとにおそるべし!ブラジル!
まだ試合時間は残っているのにすでに日本選手の気力は底をついてしまった感じ。
試合はすでに終わってしまったね。
「俺、寝る・・・」とQちゃん。え〜〜〜〜!最後の試合になるかもしれないから応援しよう!って人を誘っておきながらっ!
でも私もこの後は見ませんでした。寝なかったけど、やり残した家事やったりとかテレビから遠ざかっていた・・・。気迫の感じられない代表をもう見ているのは辛かったから。

結果は1-4。思ったより点を入れられていなかったなって思ったわ(爆)ピッチに仰向けになる中田を見たけど、きっと精魂尽きてしまったんだろうね。何を思う・・・中田。勝利への執念をすぐに手放したチームへの落胆?

結果、Fグループからはブラジルが1位、オーストラリアが2位で通過。
玉ちゃんのゴールが決まった頃はクロアチアを応援してたけど(爆)オーストラリアのトーナメント進出は心からおめでとう!Qちゃん(本物)やヴィドゥカがいることもさながら名将ヒディングの采配がもっと見たいからかな。またとんでもない快挙をやってくれるのかもしれませんね。頑張れ!オーストラリア!

ところで・・・日本の敗退は覚悟していたからまだしもむちゃくちゃショックだったのが

チェコ・・・・・・il||li_| ̄|○il||l
[PR]
by red_catstail | 2006-06-23 19:20 | 2006 W杯
W杯中ですがプレミアな話
W杯が始まってみればやっぱりギアはしっかりW杯に入っているわけで・・・。

最近W杯に手一杯でリバプおふぃさるをはじめ、プレミア関連の記事は読んでいなかったんですが新しいFWも決まりそうだし、何よりも06/07シーズンの組み合わせが決まったようです。

初戦の相手はアウェイで昇格組のシェフィールドユナイテッドと。あのショーン・ビーン様が熱狂的なサポでも知られるシェフィールドです。
昇格組といっても昨シーズンのウィガンとかウエストハムのことを考えたら侮れない相手ですよ。特にウィガンは初戦であのおチェルと互角に戦い終了間際まで得点を許さなかったんですから・・・。
昨シーズンのリバプは開幕して以来調子がなかなかあがらなかったことが結果的に最後になって響いてしまった感もあるので今シーズンは最初から着実に勝ち星を上げていって欲しいですね。

今回はCLの予備予選もないし、W杯予選もないし、疲労困憊の中、極東へ呼びつけられることもないし・・・(爆)。怒涛の昨シーズンを思えば選手達もあまり疲れを残さず戦えるのかもしれません。(でも今度はユーロ予選が始まるんでしたっけ?ひーーーっ!)

【2006-07 season】

8/19 Sheffield United (A)
8/23 Newcastle United (H) (※延期)
8/26 West Ham United (H)

9/9 Everton (A)
9/16 Chelsea (A)
9/23 Tottenham Hotspur (H)
9/30 Bolton Wanderers (A)

10/14 Blackburn Rovers (H)
10/21 Manchester United (A)
10/28 Aston Villa (H)
 
11/4 Reading (H)
11/11 Arsenal (A)
11/18 Middlesbrough (A)
11/25 Manchester City (H)
11/29 Portsmouth (H)
 
12/2 Wigan Athletic (A)
12/9 Fulham (H)
12/16 Charlton Athletic (A)
12/23 Watford (H)
12/26 Blackburn Rovers (A)
12/30 Tottenham Hotspur (A)
 
1/1 Bolton Wanderers (H)
1/13 Watford (A)
1/20 Chelsea (H)
1/31 West Ham United (A)
 
2/3 Everton (H)
2/10 Newcastle United (A)
2/24 Sheffield United (H)

3/3 Manchester United (H)
3/17 Aston Villa (A)
3/31 Arsenal (H)
 
4/7 Reading (A)
4/9 Middlesbrough (H)
4/14 Manchester City (A)
4/21 Wigan Athletic (H)
4/28 Portsmouth (A)

5/5 Fulham (A)
5/13 Charlton Athletic (H)
 

あとこれにCLとかFAカップとかカーリングカップとか・・・やっぱり忙しい(´-ω-`)
[PR]
by red_catstail | 2006-06-22 20:12 | プレミア
1位通過はしたけれど
Sweden 2-2 England
e0048038_171741.jpg

後半戦、寝てしまいましたっ!

昨日もスペイン戦のためにやっぱり3時45分起き。これが2日続くとさすがに辛いッす(苦笑)昼に仮眠をとれなかったこともあって完全に睡眠不足、なかなか頭が起きませぬ。噂通りスチービーは温存。クラウチもカードもらっているせいかな?今回はルーニーとオーウェンの2トップ。

そ、そのオーウェンがぁ〜〜〜!まだ試合が始まって間も無いというのに怪我?!!
その時の様子をリプレイで見るとなんかイヤ〜な転びかたしているんですよね・・「こりゃダメかも…」って気がしたわ。(ダメだったみたいです〜〜泣
代わりに入ったのが休ませる予定だったクラウチ。監督としては想定外の交代だったでしょうね。(もちろんマイコーの怪我も想定外!)

イングランドの先制点はジョーコールのミドルでした。大会が始まってイングランドでもしかしたら一番調子があがっている選手じゃないかな。今大会ミドルで点をとったチームが勝つ確率が高いそうなので(by Qちゃん@ニセ者)こりゃ、イングランドは幸先がいいわ。

・・・と。頑張って見ていたものの連日の早起きがたたってもう限界・・・ハーフタイムに目を閉じたら最後、きっと家族が起きて来る時間まで爆睡だろうな。
スチービーは今回温存で出ないし・・・寝よう!(きっぱり)

数時間後。速報でスチービーのゴールとまたもやスウェ−デンに勝てなかったことを知りました。ホントにあそこで追いつかれるとはね。でも監督が代わったら勝てるような気がする〜(笑)
スチービーのヘッドが決まった時のエリクソンの顔、ちょっと複雑そうな表情に見えましたし(笑)

それにしてもオーウェン・・・鶴(泣)
[PR]
by red_catstail | 2006-06-22 01:12 | 2006 W杯
逆転!
Spain3-1Tunisia
e0048038_215875.jpg
この前のウクライナ戦がノリノリだったので反対に心配していた方もいたようですが(爆)今回はどうみてもウクライナよりも難しい相手ではないだろう、と軽い気持ちで見始めたチュニジア戦。

ウクライナ戦の時とは逆に今回は早い時間帯でリードを許す。こ、これはまずいかも・・・(汗)今回のスペイン代表は若いチームだと思うんですが、若いチームってのは調子の波に乗った時はいいもののリズムを崩されるとガタガタになる恐れがあるんですよね。

スペインの攻撃はしかけていくもののどうもフィニッシュが甘い。反対に先取点をとったチュニジアの方がじわじわ押している感じ。見ていても追いつけそうで追いつけないスペイン。焦るなよ・・・・。
一瞬カメラに映った王子の顔から大粒の汗が・・・。こんな時間なのに暑いんだ、と思いきや、雨だったようで画面に映った様子から見てもかなり降っているもよう。
後半もすでに終わり近く、チャビのCKに王子ヘッド!!!!チュニジア、クリアーーー!うっそっっっっっ!!

リバプでは全然大きく見えない王子ですがスペ代表に入るとやけに大きく感じるわ〜。ゴール前に上がったクロスに頭で合わせられるのもこのメンツの中では王子が大きいからなのね(ははは)

HTにテレビの前から離れていたら戻ってきた時にはすでに後半は始まっていました。しばらく見ていてラウ−ルが交代していたことに気付いた私。どうもルイガルと交代したもよう。
前半同じく攻めるもなかなかゴールが奪えないスペイン。頭抱えるじっちゃん・・・。
後半10分、ホアキン投入。これでリズムが変わるかな、と期待するもやっぱりゴールが奪えない。このままチュニジアが金星を獲るんだろうか・・・もう寝ちゃおうかなっ!なんて考えが脳裏に浮かんだその時!
キーパーが弾いたセスクのシュートをラウ−ルが押し込みゴール!!!
王子がラウールに何か言っていたけどなんて祝福していたんだろー。ラウ−ルはその後にベンチへ行ってサルガドさんとかカニさんとかともハグハグしていたね。ほんとは・・・言うまい(涙)

こういう展開になると勢いがあるのは俄然追い付いたスペイン。その5分後にもトーレスが勝ち越しゴール!祝福に左後方からすーーーっと滑ってきた王子、今度もカメラにいっぱい映っておりました(笑)
終了間際にもトーレスがPKを決めてダメ押しの3点目。終わってみれば後半に3点いれてスペイン決勝トーナメント進出!おめっ!!


【追記】
画像は別にプチエロ狙ったわけではなくて(笑)ほんとに王子の写っている画像がなかったんですっ!やっと兄貴系でみつけたのでこんなお色気画像に・・(爆)
[PR]
by red_catstail | 2006-06-20 21:06 | 2006 W杯
たられば
Japan 0 - 0 Croatia
e0048038_2253616.jpg

後半、加地からのパスを柳沢が決めていたら・・・・。日本中のテレビ観戦していた人がテレビの前で悲鳴を上げた瞬間(爆)

「日本へ帰れーーっ!(泣)」by Qちゃん…(´-ω-`)

オーストラリア戦に比べれば「勝ちたい!」という気迫も感じられたし、選手交代も(まだ)早かった。でも、勝てなかった・・もう監督采配云々って話じゃないんだろうね。
選手達があの酷暑の中、頑張っているのも分かる。でももっともっと勝ちにこだわらなければダメなんだ。中田がいつも言っていることがこれなんだろうなぁ・・。
クロアチアもシュートを外しまくってくれて、日本としては随分助かったよね。あと何㎝かずれていれば入っていた・・というシュートが何本もあった。PKも川口が止めた。ツキは・・・日本にあったんじゃないかと思う。

首の皮1枚で繋がっている状態だけど、ホントに薄〜〜〜い皮だなぁ(涙)次のブラジル戦は絶対に勝たねばならぬという・・・。可能性は確かに0%ではないものの限り無く0%に近い現実がそこにある。

今日の池面くん♪(mikoさん推薦)
[PR]
by red_catstail | 2006-06-19 22:56 | 2006 W杯
あっちもこっちも
もう私って「○げ○ん」じゃないかと思うくらい応援する国がバタバタ負けていくわ・・(涙)イングランドとスペインは何とか勝ってくれているけどそれ以外はおさみしい結果。

ここ2日間でもセルモン×(対アルへン)、コートジボワ−ル×(対オ蘭ダ)、イラン×(対モウさんの国)、チェコ(対ガーナ)と連敗記録更新中・・・。
もう今夜の日本戦は応援するのを止めようかとさえ思ってます(爆)

ところで結果を知って驚いたのが昨日のチェコ。1戦目でアメリカを撃破し、この勢いでグループリーグ突破は確実か思っていたのに・・。ガーナ戦、再放送で見るつもりだったけど結果がアレなんで見る気が失せてしまいました。バロシュはこの試合も間に合わなかったようだし、この前のアメリカ戦で負傷したコラ−もアウト。思いのほか混戦となってしまったこのグループですがチェコは次の相手がイタリアときたもんだ。厳しい・・・。

見ていていたたまれない気持ちになってしまったのが先日のセルビア・モンテネグロ。
欧州予選ではスペインやボスニアを押し退けて1位通過したチームですが、そんなに得点力が高いわけではなく、強固なディフェンスで失点を最小限に抑えてきたチームでもあります。おかげでボスニアが・・・ううう、ボスニアが出れなかった(泣)でも何故か大会が始まったら私、セルモン応援してるし(爆)
その強固なディフェンスがアルゼンチンの攻撃にあっちゅう間に崩壊しちゃいました。2点目を決められた時点からもうセルモンは勝てないんじゃないかなぁ…という雰囲気がありましたよね。
ゴール前でのアルゼンチンのパスはセルモンのディフェンス陣の間を縫うように通っていくし、おまけにFWのケジュマンまでしょっちゅうディフェンスしてたような感があります。すでに前半で勝負ありか…。
それでも、ハーフタイムのロッカールームではクレスポが「3-0だからといって油断すなーー!」とあの悪夢を経験しているだけにチームメイトにげきを飛ばしたのではないかと思っておりますが(爆)

御存じの通り、「セルビア・モンテネグロ」としてW杯に出場するのはこれが最初で最後です。すでにグループリーグ敗退が決まり、次の最終戦がセルビア・モンテネグロとしての最終戦になるわけですが…、赤紙をもらっちまったケジュマンのW杯は終わってしまったのですね。なんか寂しいなぁ。 

あと自分でも意外中の意外だったのがオランダではなくコートジボワ−ル応援してるってことですか。
青じゃないドロさんとその仲間達のゴールを狙う執念に感動しちゃったんだからしょうがない!(笑)
 
[PR]
by red_catstail | 2006-06-18 19:58 | 2006 W杯
83' P. Crouch 90' S. Gerrard
England 2 - 0 Trinidad & Tobago
e0048038_10252928.jpg
不覚にもっ!この試合

寝てしまいましたっ!・・・バカバカ!


(しかも1日遅れのアップだ…)
試合開始が1時だったため仮眠しようと目覚ましをセット。1時に目が覚めて「テレビつけなくちゃ…」と、ここまでの記憶はあるんですが…(爆)再び時計を見た時は3時!!!うげっ!試合終わってるじゃ〜〜ん。
ビデオを予約してあったこともあって気が緩んでいたんでしょうかねぇ…。

録画してあった試合を見るまでは情報をシャットアウトしようと思ったものの、すごい大雨に気象情報を見ようとテレビをつけたとたんBッキャムさまの喜ぶ姿が目に刺さる(刺らねーよっ)
もう、結果が分かってしまったので開き直ってハイライト見ちゃいましたよ〜〜。クラウッチ!スチービー!ゴールおめっ!こんな美味しい試合だったなんてますますライブで見なかったことを激しく後悔っっ!

そして録画での試合観戦は結果が分かっているので楽しさ半減〜〜。でもこれライブでみたらフラストレーションのたまる試合だよね(苦笑)あんなに優位に攻めているのに何故決まらない!内容が悪いわけでもないのに、結局最終的にシュートが決まらないのだよ…。

どフリーを外したクラウッチ、最後の最後にヘッドが決まって良かった〜〜(T▽T)決めた後の表情は今まで見た中で一番かっちょいい!と思いました(もえかさん、マジでっせ^^)
ゴール後にロボットダンスを忘れる程、心情的には追い詰められていたんでしょうね〜。何度も決定機がありながらこの時間帯まできてしまって、これで引き分けはもちろん負けてしまうようなことがあればやっぱり一番責められるのはFWですもの。なんたって点を入れなければ勝てないのが蹴球!
スチービーのミドルも豪快に決まって、やっぱりペナルティエリアの外からも中からもシュートが決められるっていうのは強みですね。日本代表も見習ってもっとシュートを打つべし!

今日の池面くん♪
[PR]
by red_catstail | 2006-06-17 10:30 | 2006 W杯